活性酸素は肌を活性させる酸素ではない

私たちは空気中から酸素を取り入れて生きている。ところがこの酸素、ちょっとしたきっかけで活性酸素というものに変化してしまう。。活性〃なんていい響きを持つのだが、肌を活性してくれるのかしら? など淡い期待を見事に打ち砕く猛毒・・・

ピーリングやスクラブは生理前までに使うべき

女性の肌周期で、トラブルを起こしやすいのが生理前の黄体期。黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをしてしまうので、皮脂分泌が増えてニキビになったリ毛穴が開いたりする。角質も厚くなるので、ゴワついた質感になってしまう。・・・

集中ケアコスメは、生理直後に使った方がいい

女性ホルモンと呼ばれるのは、卵胞ホルモンと黄体ホルモン。卵胞ホルモンの主な働きは、子宮・卵巣・腹・乳房などの発育促進。排卵直前に多量に分泌されて、排卵の引き金になる作用もある。黄体ホルモンの主な働きは、受精卵を着床させる・・・

ツボ押しは奇数回で活性、偶数回で鎮静する

人間の体というのは不思議なもので、ツボを偶数回押すと神経は眠ったような状態になり鎮静する。逆に奇数回押すと目覚めて活性化。この数字マジックは、東洋医学だけの概念ではないらしい。「奇数というのは世界的にもおめでたいことに使・・・

強くマッサージするよりも、ツボ押しで血行促進

リンパ液はやさしくなでるだけでも充分だけど、血行を促進したり、顔の筋肉をほぐすにはマッサージが有効。しかし、人間の皮膚は垂直(だたく、バッティング等)の刺激には強いけれど、水平の刺激には弱い性質を持っている。マッサージも・・・

血管は水道管で、リンパ管は下水管

皮膚にある血管やリンパ管は非常に細いため、滞りやすいといわれている。でも、どれくらい細いかなんて想像できないし、実感すら湧かない。では、想像できるヒントをあげよう。人間の血管の長さは約9万6千・もあるのだって、余計わから・・・

リンパ節はゴミ箱だから、カラにしてからマッサージ

血液とリンパ液は、栄養を運び、老廃物を除去するから、働きとしては同じ。その違いとは、毛細血管ですら入っ,ていけない狭き部分にも、極細のリンパ管は入っていけること。血液中にある赤血球の形は大きいので、毛細血管といえどもリン・・・

塗るタイプのパックは、皮膚温の低いところから順番に

塗るタイプのパックを丁寧につけようと恩ったら、数分はかかってしまう。モタモタしていたら、塗布時間が過ぎてしまうことも。 そうなると、最初に塗ったところは乾いて浸透は完了するが、最後に塗ったところはまだこれから。そんなタイ・・・

パックは使用時間より長くのせても、それ以上は浸透しない

パックの塗布時間は5~15分タイプがほとんど。中には3分で終了なんてスピーディーなタイプも。 「こんなに早くて、本当に浸透しているの?」「もっと長くつけたほうが成分もたくさん入るんじやない?」などと欲張ってはいけない。 ・・・

パックの前に化粧水をつけるべし

洗顔後、何もつけずにパックを使ったほうが、美容成分もダイレクトに浸透していく、と勘違いしている人もいる。でも、普通のスキンケアと同じステップで、パックを使う前にも化粧水が必要。美容液より、さらに高濃度な機能的成分を配合し・・・



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ